27歳からインビザラインで非抜歯の歯列矯正はじめました

28歳男が非抜歯でインビザラインを使って歯列矯正をする様子を矯正完了まで頑張って書くインビザラインブログ

【インビザライン矯正導入編】27歳男がインビザライン矯正を始めるまで

f:id:qusabi:20170719163721j:plain

こんにちは。インビザラインブロガーのN(@qusabi)です。

インビザライン矯正を始める人が増えてきているようですね。やっぱり歯列矯正をすると、コンプレックスが解消され、自然と笑顔になる機会が増えたような気がします。

僕の場合は、今まで笑顔で写真に写ることって多くなかったんですが、最近ではすっかりと笑顔で写真を撮られることが多くなりました。

それだけでも、歯列矯正をしてよかった! って思えますよね。

ということで、インビザライン矯正を始めよう! と思っても、どうやって始めたらいいの? と疑問に思っている方に向けて、僕がインビザライン矯正を始めた手順を改めて書いておこうと思います。

 

インビザライン矯正を始めるまで まずは歯科医院を予約

歯列矯正を始めるには、まず自分に合った歯科医院選びが肝心です。

YahooやGoogleなどで、「住んでいる地域名+インビザライン」などで検索してみましょう! 僕が住んでいる札幌市で検索すると、こんな感じの結果になります。

f:id:qusabi:20170719164538p:plain

なんと、検索結果で一番上に出てくるのは、このブログなんです! ありがたいです。

 

まずは、自分が住んでいる地域で、どこの歯科医院でインビザライン矯正ができるのかをしっかりと調査! 最初の通院では、30分の「診断+相談」が無料の場合が多いので、歯科医、雰囲気、価格など自分に合った歯科医院をしっかりと調べましょう。

良さげな歯科医院を見つけたら、早速予約を。

インビザライン矯正を始めるまで 無料相談!

良さげな歯科医院を見つけたら、相談に行きましょう。この相談では、自分の歯列や歯の状況などを実際に診断してもらい、インビザライン矯正が可能かどうかを判断してもらいます。

この時に、疑問点などもしっかりと質問しましょうね。

聞いておいたほうが良い疑問点としては下を御覧ください。

インビザライン矯正前に確認したいこと

  • インビザライン矯正に抜歯は必要そうか
  • 矯正期間(アライナーの枚数)
  • 価格(詳細は下を!)
  • 注意点

最近では、twitterブログなどで多くのインビザライン矯正情報を得られるようになりました。しかし、口腔内の状況は人によって様々。多くの人ができているからといって、自分がその方法でインビザライン矯正ができるとは限りません。

専門の歯科医にしっかりと口腔内の状況を確認してもらいましょう。

インビザラインの料金について

インビザライン矯正に必要な金額は僕の場合80万円ほど。しかし、歯科医院によってこの金額は大きく変わります。

一括で数十万円支払えば、矯正完了まで追加料金がかからなかったり、矯正料金は安く抑えられていても通院毎に調整料が必要だったりと、歯科医院によって様々な料金体系となっています。

パット見、安くても総額では思ったより高額になることも少なくありません。

総額でいくらになるのか、歯科医院にしっかりと確認しておきましょう。

インビザライン矯正を始めるまで 虫歯治療やPMTC

インビザライン矯正を始めるまでに大事なのは、虫歯治療やPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)。インビザライン矯正期間中は基本的に虫歯治療は行いません。虫歯治療によって歯の形が変わってしまうと、マウスピースが合わなくなってしまうためですね。

できれば、インビザライン矯正前はしっかりと一般歯科に通院し虫歯を治しておきましょう。

インビザライン矯正を始めるまで クリンチェック

納得の歯科医院が見つかったら、いよいよクリンチェックです。クリンチェックとは、インビザライン矯正の設計図作成のようなもの。歯型を取って、3Dモデルで歯をどう動かしていくのかを設計します。

この歯を動かすプラン通りにマウスピースが作られ、数十枚交換しながらゴールの歯列を目指すわけです。

クリンチェックの注意点

注意したいのは、ゴールの歯列が本当に自分がなりたい歯列なのかどうか。ここで提示されるゴールの歯列に納得がいかなかったけれど、早く始めたいからとインビザライン矯正を始めてしまうと却って矯正に時間がかかってしまう場合も。

歯科医としっかりと相談の上、自分が目指す歯列をここでしっかりと固めましょう。

さいごに

インビザライン矯正を始めるまでをまとめてみました。

インビザライン矯正開始には1ヶ月以上の時間が必要になります。しっかりと準備を重ねて、万全の体制でインビザライン矯正に臨みましょう!