読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

27歳からインビザラインで非抜歯の歯列矯正はじめました

28歳男が非抜歯でインビザラインを使って歯列矯正をする様子を矯正完了まで頑張って書くインビザラインブログ

0日目~いよいよスタート!~

インビザラインブロガーのN(@qusabi)です。

少し時間が空いてしまいましたが、クリンチェック確認しまして、インビザライン矯正を正式に始めることになりました!

本日はクリンチェック~インビザライン開始までのあれこれを書いていきたいと思います!

クリンチェックをチェックしよう!

クリンチェック自体はデータで送られてくる、というよりはPCやタブレットなどで専門サイトにログインすることで閲覧できるようです。

あくまで歯科医しかログインできないと思われますので、僕自身がいつでも見られるというわけではないです。

僕が通院している歯科医院では、iPadを使ってクリンチェックを見せていただきました!

自分でいろんな角度にグリグリ動かせるので、結構楽しいもんです( ̄ー ̄)ニヤリ

必要なアライナーは27枚!

このクリンチェックが出来上がるまでに、アメリカのインビザラインの会社と歯科医の間で3回出戻しがあったそうです。

初回に送られてきたのを見せていただいたのですが、たしかにイマイチ…。

2回目も「う~ん…」という感じ…。

3回目に送られてきたものは、たしかにきれい!!という感じでした。

27枚という枚数は、僕がおもったよりも少なかったです。

他のブログや、歯科医院のホームページなどを見ていると、40枚以上!という方も少なくありませんでした。

これは意外だったのですが、上下の歯で枚数が違うことです。

僕は、上の歯は16枚、下の歯は27枚ということで、上の歯は動かし終わったあともアライナーを装着し続けるようです。

2週間毎にアライナーを交換していくので、上の歯は32週間、下は54週間。なんと、1年とちょっとで歯列矯正が終わる計算!!

インビザライン矯正は2年くらいかかるのかなぁ

と漠然と考えていたので、1年ちょっとという短期間には少し驚きました。

俄然モチベーションが上がりますね!

クリンチェックを見ながら歯科医から説明を受ける

子どものようにニコニコしながらクリンチェックをいじり回していると、しびれを切らしたのか歯科医から治療の方針について説明が始まりました。

僕の場合の問題点は以下。

■歯のアーチが美しくない

 ⌒←こんな形が理想だけれど、僕の場合は△←こんな感じ。

 かなり歯が内側に存在するらしい。

■以前に書きましたが、下の前歯が上の前歯を押し出している

■歯1本1本が大きいため、今のままでは収まらない→抜歯か削るか…

ということでした。

まとめると、歯のアーチを整えて(若干外側に広げて)、前歯を引っ込めて、下の前歯を下顎の方に下げ、歯を削る!という治療方針でございます。

歯を削る(ディスティング)

2枚目と10枚目のアライナーに交換する際に、上の前歯6本の隙間を削るそうです。

大きな影響はないそうですが、場合によっては染みるそう…。

僕の歯列矯正の場合は、ここが大きな山場になりそうです。

ここに時間がかかる!僕の歯列矯正

下の歯を正面から見たときに山なりになっているので、これをまっすぐにするという工程が16枚目~27枚目のアライナーの役割だそう。

f:id:qusabi:20160925002215g:plain

↑イメージ的にはこんな感じ

山なりになっている下の歯をまっすぐ平らにするための施工に少し時間がかかるため、下の歯は長い期間が必要なようです。

3枚目、4枚目くらいから目に見える変化が出てくるそうなので、思いの外変化の実感が早そうですごく楽しみです!

さあインビザライン矯正を始めるぞ!

クリンチェックで確認した完成予想の見た目に、それほど大きな不満はなかったのでアライナーの制作をお願いしました。

アライナーは1枚目~27枚目まで1度にすべてのアライナーを制作するようなので、届くまで2週間~3週間ほどかかるみたい。

なので、完成は年明け、1月下旬予定です!

その頃再び歯科医院を訪れ、いよいよインビザライン矯正スタートです!!

 

↓始めてから10ヶ月経って思うことを書いてみました

invisalign.hateblo.jp