読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

27歳からインビザラインで非抜歯の歯列矯正はじめました

28歳男が非抜歯でインビザラインを使って歯列矯正をする様子を矯正完了まで頑張って書くインビザラインブログ

遂にリテーナー開始!アライン社のVIVERA(ビベラ)二ヶ月レポ

f:id:qusabi:20170423004907j:plain

皆さん、お久しぶりです。

インビザラインブロガーのN(@qusabi)です。

 

2ヶ月ほど前から、待ちに待ったリテーナーを開始しておりました!

僕が選んだリテーナーは、インビザラインを提供しているアライン社のVIVERA(ビベラ)というリテーナー。

リテーナーVIVERA(ビベラ)

透明なマウスピースという点は、インビザライン矯正のアライナーと大きな違いはないのですが、それ以外の部分では、アライナーとは少し違う…?

この記事では、ビベラの使用レポートと共に、インビザライン矯正のアライナーとどう違うのか、をしっかりとお届けしていきます。

インビザラインとココが違う!VIVERAとアライナー比較

同じアライン社から出ているVIVERAとインビザライン。

使用感や形など、大まかなポイントはほとんどアライナーと一緒です。

しかし、いくつか異なるポイントも。

 

f:id:qusabi:20170423005155j:plain

インビザラインと異なるポイント①:チューイーは噛まなくてOK

これが個人的に嬉しいポイントです。

チューイーは1回約20分ほど噛むのが良いとされており、インビザライン開始時には、チューイーを噛む度に顎が痛くなってしまうほどでした。

 

しかし、リテーナーであるVIVERAは、もう矯正が完了しているためアライナーの形に歯列を動かす必要はありません。そのため、チューイーを一生懸命噛む必要がなくなるのです。

 

外してもサッと装着すればOKです。

インビザラインと異なるポイント②:素材が違う。VIVERAは硬い!

アライナーと言えば、薄いプラスチックのような素材で出来ており、装着してもほとんど目立つことはありません。

しかし、VIVERAは保定しなければならないことと、アライナーと違い2週間毎に交換しなくても良いということから、アライナーよりも遥かに丈夫にできています。

 

そのため、装着した感じでは、アライナーよりも少し目立つかな?という印象を受けます。

また、素材自体が硬いため、僕の場合

VIVERA(ビベラ)を

装着したまま

長時間喋り続けると

口の中が

血だらけに

なります。

 

その度にVIVERAの角をヤスリで削ることに…。

 

インビザラインと異なるポイント③:2週間毎に交換しなくても良い

インビザラインの大きな特徴と言えば2週間毎に交換するということ。

しかし、VIVERAは保定器具なので交換する必要はありません。

VIVERAがもつ限り一生つけ続けることも可能。

 

そのため、アライナーと違いコーヒーや紅茶を飲む際には注意が必要です。

「どうせ2週間で交換するのだから」

と今まで気にしてきませんでしたが、VIVERA装着後は神経質すぎるほど気をつけています。

コーヒーや紅茶を飲む際には必ず外すようにしています。

 

VIVERAは一度の制作で3枚

VIVERAの制作には、僕の場合3万円+税がかかりました。

それでもらえるVIVERAの枚数は3枚です。

 

とりあえず今手元に2枚だけあるのですが、壊れてしまっても3枚までしかありません。

それ以上使用するという場合は、追加料金を支払うことになります。

 

VIVERAは大事に使わなければなりませんね。

リテーナー進め方

今後は、半年ほどアライナーと変わらずリテーナーを常時装着。

その後、日中は外して生活。(3ヶ月ほど)そこからは、夜寝る時に外してみる、ずっと外してみるなど、少しずつ段階を踏んでマウスピースを装着しない生活へと移行していくようです。

 

リテーナーは、歯を動かした期間と同じ期間装着というのが基本なため、僕の場合は1年ほどの保定期間が必要になるようです。

 

何はともあれ、矯正終了でとても快適な毎日です。

矯正期間中は、可能な限りアライナーを装着しておくことが成功の鍵です。

なるべくサボらずにアライナーを装着していきたいですね。

海外旅行でアライナーはどう扱う?ミャンマー編

インビザラインブロガーのN(N(インビザライン矯正終了) (@qusabi) | Twitter)です。

僕はいま、アジア最後のフロンティアと言われるミャンマーにいます。

f:id:qusabi:20170211145837j:image

ホテルが停電し、やることがないため、せっせとブログを更新します。

 

海外旅行時のアライナーの洗い方

さて、海外旅行に行くと特に困るのが、アライナーの洗浄。前回インドに行った際には、ただただ歯ブラシで磨くという方法をとったわけですが、ミャンマーは文明のアイテムを活用することにしました。

楽しい海外旅行とは言え、歯列矯正が終わったとは言え、歯は清潔に保ちたいですもんね。

今回持参した歯のアイテムはこちら!

f:id:qusabi:20170211150149j:image

 

  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • マウスピース用ポリデント

の3つです。

海外旅行中でもアライナーは清潔に!

この3点があれば、概ね日本国内と変わらないくらい綺麗に歯を磨けるのではないでしょうか?

海外旅行の歯ブラシ編

旅行の際にはポケットドルツという、Panasonicの携帯用電動歯ブラシを使っていたのですが、今回バッグに入れ忘れたようです…。

 

パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 黒 EW-DS41-K

パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ 極細毛タイプ 黒 EW-DS41-K

 

というわけで、今回の歯ブラシは空港で慌てて買った歯ブラシとなります。

本来であれば、このポケットドルツの方が、細かな振動で歯をより綺麗に磨けると思いますよ!

海外旅行の歯磨き粉編

歯磨き粉は最近愛用しているシュミテクトのトゥルーホワイト。

 

シュミテクト トゥルーホワイト 80g

シュミテクト トゥルーホワイト 80g

 

研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉なので、歯に優しいものとなっています。

日本で使っているものをそのまま持ってきました。

海外に普段使っている歯磨き粉を持って行く際には、1つのパッケージで100ml以下でなくてはならないので、注意を。

このトゥルーホワイトは80gなので、セーフでした。機内持ち込みの規定量超えていると、国外へ持ち出せないので、容量はしっかりと確認しましょう。

海外旅行のアライナー洗浄剤編

海外でアライナーを清潔に保つには、超音波洗浄機か、マウスピース用ポリデントの2択ではないでしょうか?

 

シチズン 超音波洗浄器 SW5800

シチズン 超音波洗浄器 SW5800

 

 

ポリデント矯正用リテーナー・マウスピース用洗浄剤 48錠

ポリデント矯正用リテーナー・マウスピース用洗浄剤 48錠

 

ただ、今回は重さやバッグ容量の都合で超音波洗浄機は諦め、10円玉くらいの大きさで軽く、持ち運びしやすいマウスピース用ポリデントを持参しました。

f:id:qusabi:20170211152355j:image

本来であれば、1日に1度の使用で良いマウスピース用ポリデントですが、食べた後、歯を磨かずそのまま付け直すことや、他に洗うタイミングがなかなかないことから、朝晩の2回使用しています。

携帯用の超音波洗浄機があれば一番よさそうですね。

 

シチズン 超音波洗浄器 SWS701

シチズン 超音波洗浄器 SWS701

 

海外でアライナーを洗う時の注意点

f:id:qusabi:20170211152342j:image

海外は、日本ほど水が清潔ではありません。

現地の人ですら、ペットボトルの水を買うほど。

そのため、ペットボトルの水は結構安く購入可能です。

「水でお腹を壊した」

なんて話はよく聞きます。

そのため、僕はやりすぎかもしれませんが、徹底してペットボトルの水で洗っています。

うがいはもちろんですが、歯ブラシを洗う時も、アライナーをポリデントで洗う時も。

もしも、これからインビザライン矯正中やリテーナーを使用している方が海外に行かれる際には、このくらい徹底した方が良さそうだと言えます。

せっかくの海外旅行ですから、なるべく体調万全に過ごしたいですね!

 

インビザライン矯正が無事終了したので、今後のことと、これまでのまとめと感想

インビザラインブロガーのN(@qusabi)です。

ようやくインビザライン矯正が終了いたしました。

ここまでで使用したアライナーは、27枚!

期間にして約1年ほどですね。

インビザライナー(インビザライン矯正している人の総称)の中では、かなり短期間で終わった方ですね。

インビザラインの平均枚数をまとめた記事はこちら

invisalign.hateblo.jp

アタッチメントも無事外れまして、ネギなどがアライナーにまとわりつかず、そして歯ブラシもボロボロにならず、と非常に快適な毎日を送っています。

インビザライン矯正終了後のスケジュール

インビザライン矯正は終了したわけですが、マウスピースと完全にさよならできるか、というとそうではなく、ここから保定期間(動いた歯を定着させる)となります。

その間は、アライン社(インビザラインを提供している会社)のVIVERA(ビベラ)というリテーナーを使用します。

インビザライン公式リテーナーVIVERA制作のあれこれ

僕の通っている歯科医院では、このVIVERAの制作に3万円ほどかかるようです…。

先に言っておいてほしかった!!!

この制作に2〜3週間かかるようなので、届くまでは最後のアライナーを使用することになります。

今まで以上に長い期間、1枚のアライナーを使用するため、

  • コーヒーや紅茶を飲むときは外す
  • 食後は歯を磨かずに装着しない

ということを徹底し、アライナーに付着する汚れや、着色を少しでも軽減させる努力は怠ってはいけませんね。

そこで役立っているのは、今まで紹介している超音波洗浄機や、マウスピース用ポリデントです。

シチズン 超音波洗浄器 SW5800

シチズン 超音波洗浄器 SW5800

 

 

ポリデント矯正用リテーナー・マウスピース用洗浄剤 48錠

ポリデント矯正用リテーナー・マウスピース用洗浄剤 48錠

 

今まで以上に丁寧に洗浄しながら、大切に最後のアライナーを使用しています。

過去の記事はこちらから

invisalign.hateblo.jp

invisalign.hateblo.jp

invisalign.hateblo.jp

インビザライン矯正生活のまとめ

インビザライン矯正が1年で終了した、ということで、後半サボり気味にはなってしまいました(見た目に変化がない期間があったため(24〜27枚目))が、一度振り返ってみましょう。

矯正開始時の歯並びと終了時の歯並び

矯正開始時(アライナーNo1)のときはこんな歯並びでした。

f:id:qusabi:20160123130933j:plain

f:id:qusabi:20160123131236j:plain

結構な出っ歯な上に正中(前歯2本のライン)が顔の中心からずれていたため、見た目が美しくありませんでした。

それからアタッチメントを装着し、16枚目のアライナーをもって、上の歯の矯正が終了となりました。

f:id:qusabi:20160711001203j:plain

こちらは13枚目までで、どのように前歯が動いていったかですね。

こうしてみてみると、結構引っ込んでいっているのがわかるかと思います。

16枚目になると、

f:id:qusabi:20161029184450j:plain

こんな感じ。キレイに引っ込みましたね。

下の歯はインビザラインでどう変化した?

下の歯に関しては、見た目に大きくわかるような変化はありません。

しかし、僕の出っ歯の原因は下の歯にあったんです。

下の歯が前に出ることで、噛み合っている前歯がどんどん押し出されて出っ歯になってしまったわけです。

この原因を解消し、正しいかみ合わせにする、というのもインビザライン矯正中の目標でした。

結果として、現在は奥歯でしっかりと噛み合い、前歯同士が接触するということはなくなりました。

f:id:qusabi:20160925002215g:plain

イメージ的にはこんな感じで下の歯を動かしました。

後は、全体的に内側に倒れていた歯を正しく上向きに直したという感じですね。

 

奥歯は、前歯のように簡単に動かないようなので、じっくり、じっくり動かし続けていました。

 

こうしたインビザライン矯正中の状況は1つのカテゴリにまとめています。

invisalign.hateblo.jp

こちらですね。

もし、インビザライン矯正に興味があればご覧ください。

 

インビザライン矯正の感想

インビザライン矯正のメリット・デメリットと言う形でいつか記事にしたいと考えています。ので、ここではさらりと書いていこうかと思います。

主観がっつりな感じの感想です。

矯正中の痛みについて

思ったより痛い。けど、耐えられなくはない。

という感じです。

ワイヤーを使った矯正に比べると、1枚のアライナーで動かす距離が短いため、痛みは出にくいよう。

しかし、ワイヤーもインビザラインも、どちらも体験した歯科衛生士に話を聞くと、そんなに痛みに差はない、とのことでした。

僕が痛みに強いわけではなく、動かし方や動かす歯によって痛みは大きくことなるのでしょう。

予想ですが、抜歯すると歯の動かす距離は大きくなるので、痛みは大きくなるのではないでしょうか?

僕は、抜歯せずにディスキング(歯の間を削る)で隙間を作って矯正を行ったので、そこまで痛みはありませんでした。

矯正中は食事などで不便する?

これは慣れですね。

そこまで不便には感じませんでした。

さっと外して、さっと食べて、さっと装着する。

1年も矯正をやっていると、そんな一連のサイクルが身についたようです。

こうしたサイクルを支えてくれたのは、歯磨きの時間を短縮できる携帯用電動歯ブラシですね。

パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ ペールピンク EW-DS1A-PP

パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ ペールピンク EW-DS1A-PP

 

こんなやつです。色んな色が出ているし、ブラシ部分も簡単に交換できる。

何より、単4電池で駆動し、電池も長持ちするので、日々の歯磨きだけではなく、旅行先でも大活躍した歯ブラシでした。

インビザライン矯正をしていても旅行は行ける?食べ歩きは?

これは、人によりけり、といった感じ。

僕は国内だけではなく、海外にも行きましたが特に問題は感じませんでした。

ただ、海外の場合は水が衛生的ではないので、そのへんだけ注意はしたいですね。

国内旅行、そして長期間となれば超音波洗浄機を持っていっていました。

シチズン 超音波洗浄器 SW5800

シチズン 超音波洗浄器 SW5800

 

ただ、まあまあサイズが大きいので、今後は旅行用の超音波洗浄機の導入も検討しています。

シチズン 超音波洗浄器 SWS701

シチズン 超音波洗浄器 SWS701

 

これは小型だし、洗浄槽が外れるのでメンテナンス性も良さそうなのでずっと気になっています。

海外とか、短期の旅行はマウスピース用ポリデントだけ持っていっていました。

製品自体は1日1度の使用で良いようですが、旅行中はなかなかしっかり磨けるタイミングがないので、朝晩2回分。なので、日数×2つ持っていっていました。

マウスピース用ポリデントは

f:id:qusabi:20161109180918j:plain

トローチのようで、10円玉くらいなので、かさばることもないため、結構多めに持っていっていました。

ポリデント矯正用リテーナー・マウスピース用洗浄剤 48錠

ポリデント矯正用リテーナー・マウスピース用洗浄剤 48錠

 

 

さいごに

色々書いてみましたが、インビザラインに限らず歯の矯正は、どれだけ上手に付き合っていけるか、だと思います。

僕は1年で終わりましたが、2年、3年と長期に渡り矯正を行う方も多いと思います。

そんな長い期間なのに、すべてを諦めて、楽しめない日々を送るのはもったいないですよね。

だったら、矯正中は矯正中で、「どうすれば上手に楽しめるか?」をチェックするのが良いと思います。

よくランチに行くお店だったらトイレの位置や、設備を確認したりなどなど。

せっかくなので、楽しい日々を送りたいですよね!

 

今後は、ネタが少しずつ溜まってきているので医療費控除や、インビザライン矯正のメリット・デメリット、ホワイトニング、それから美容関係の記事なんかもアップしていこうと思います!

どんどん進化していきますので、またご覧いただけると幸いです。

歯を白くするなら研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉を使おう

インビザラインブロガーのN(@qusabi)です。

以前、別なブログで書かせていただいたのですが、こちらでもしっかりと書いていきたいと思います。

 

歯を白くしたい!(ホワイトニング)

歯列矯正をしていると、徐々に歯への関心というのは深くなっていくもの。

少し黄色いな…と感じる機会も自然と増えていくんです。

街頭インタビューをしているというテレビ番組を見ていると、いわゆる素人さん(芸能人ではない)は、「歯が黄色いなぁ」と感じてしまいます。

そこで、「ホワイトニングをしようか」と頭をよぎりますが、5万円〜と費用もかかるだけでなく、時間もある程度必要になるため、足踏みしてしまう人も多いのではないでしょうか?

ホワイトニングとは?

歯科におけるホワイトニングとは、審美歯科の一分野であり、広義の意味では「歯を白くすること」全てを指す。例えば歯のクリーニング (PMTC) から始まり、ブリーチング、マニキュア、ダイレクトボンディング、ラミネートベニヤ、セラミッククラウンまで、全てをホワイトニングということができる。狭義の意味ではいわゆる「ブリーチング(歯牙漂白)」のことを指し、現在一般に使用されているホワイトニングはこのブリーチングのことを指すことが多い。

Wikipediaより引用

 

そこで今回は、僕が使っているホワイトニング歯磨き粉をご紹介したいと思います。

 

ホワイトニング歯磨き粉には色々な種類がある

ホワイトニング歯磨き粉と言っても、様々な歯磨き粉があります。

ちなみに僕は、今使っている歯磨き粉に出会うまで下の歯磨き粉を使っていました。 

 

なので、歯磨き粉を選ぶ際は研磨剤不使用の歯磨き粉を選びましょう!

 

しかしながら、研磨剤不使用の歯磨き粉は、歯には優しいですが、歯を白くする効果があるものは多くありません。

 

続いて、僕が見つけた「研磨剤不使用ホワイトニング歯磨き粉」をご紹介していきますね。

 

研磨剤不使用歯磨き粉「シュミテクト トゥルーホワイト」

f:id:qusabi:20170122144516j:plain

シュミテクトは元々知覚過敏がある人向けに人気のある歯磨き粉ですよね。

しかしながら、これまでのシュミテクトには研磨剤が使われていました。

近年研究が進み、知覚過敏の原因のひとつに歯磨き粉の研磨剤がある、ということがわかってきたんです。

そこで、知覚過敏の原因になりうる研磨剤を取り除き、薬用成分でホワイトニングを行おう!というのは、シュミテクト トゥルーホワイトなのです。

 

さいごに 

今回は、僕が使用している歯磨き粉についてご紹介させていただきました!

この他にもホワイトニング剤というのは市販されています。

歯科医に話を聞くと、全て必ずしも良いものではないそうです。

まずは、費用をあまりかけずに、できる範囲でできるホワイトニングは歯磨き粉でしょう。

知覚過敏も同時に予防できるシュミテクト トゥルーホワイトは、今イチオシです。

是非、一度お試しください! 

シュミテクト トゥルーホワイト 80g

シュミテクト トゥルーホワイト 80g

 

 

インビザライン矯正を始めて370日目でアタッチメントを外しました

インビザラインブロガーのN(@qusabi)です。

1ヶ月以上が空いてしまいました。

その間、インビザライン矯正は順調に続けていたのですが

見た目の変化が全くない!

ということで、更新をしておりませんでした…。

 

しかし、今回、インビザライン矯正を開始してから370日目で一旦終了!ということで、アタッチメントを外してもらいましたので、そこら辺を書いてみようと思います。

 

アタッチメントが外れるまで

invisalign.hateblo.jp

過去を遡ってみると、なんと14日目(No2のアライナー)で、アタッチメントを装着したようでした。

ということは、356日間アタッチメントを装着していたわけですね。

丸1年です!

1年ぶりにアタッチメントがなくなった歯は、ツルツルとしていて、食事をしても歯に食べかすが絡まることなく、そして歯もすごく磨きやすくなった!という事実にただただ驚いています。

アタッチメントってどんなもの?

アタッチメントは下の写真にうっすら見える突起のようなものです。

f:id:qusabi:20160203210602j:plain

 

全27枚のマウスピース(アライナー)を交換しながら歯列矯正を行ってきたわけですが、その間、自然に取れた、あるいは削れて小さくなってしまったのは2回ほどです。

この数は人によって様々だと思いますが、歯科医いわく僕は少ないとのこと。

元々装着したアタッチメントも多くないので当然といえば当然と言えそうです。

 

アタッチメントを外す手順

インビザライン矯正が終わり、リテーナー(保定器具)を作成する段階になるか、更に歯並びを良くするために追加のリファインメントを作成する際には、歯型を取ります。

その際に、アタッチメントがあると、正確な歯型を採取できないため外すわけです。

多くの人は、この段階で初めてアタッチメントを外すことになるかと思います。

アタッチメントを外す手順は、非常に簡単で歯科医が使用しているドリルのような器具(キュイーンと音の出るやつ。リューターって言うらしいです)で、アタッチメントを削るだけ。 

歯医者特有の不快な音と、わずかに歯に響く振動で無意識に身構えてしまいますが、歯自体を削るわけではないので痛みなどはありませんでした。

こうしてアタッチメントを削り終わると、一度歯を研磨し、ツルツルの歯に戻るわけです。

 

今まで舌でアタッチメントがあったところを触るとトゲトゲザラザラした感じがしましたが、ツルツルになった歯は、全くそんなことはなく、ものすごく快適です!

 

ちなみにアタッチメントを外すビフォーアフター(前後)の写真は↓に載せますね。

ビフォー

 アフター

 

アタッチメントを外した後はどうなる?

インビザライン矯正に終わりが見えてくると気になるのは、その後どうなるかでしょう。

アタッチメントを外した後は、一度型取り(僕の場合は歯科医用と、インビザライン用の2種類を型取りしました)し、インビザライン社にしっかりとしているか資料を送るそう。

その間、アタッチメントは外したままになります。

インビザライン社と歯科医からOKが出ると、リテーナーの作成になるわけですね。

 

この返答が来るまでの間、最後のアライナーを装着し続けることになります。

僕の場合はNo27のアライナーですね。

1ヶ月ほどかかることもあるそうなので、最後のアライナーは大切に、そして綺麗に清潔に保ちたいものです。

おすすめアライナー清掃グッズはこちら

invisalign.hateblo.jp

invisalign.hateblo.jp

 

 

最後のアライナーは、アタッチメントなしで装着し続けるため、ものすごく装着しやすいですよ!

アタッチメントってやはり、アライナーが装着しにくくなりますからね。

その分フィット感は若干下がり気味です。後戻りしないか心配ですが、いつも通り装着し続ければ後戻りすることはないそうです。

 

本日はアタッチメントを外した!という喜びを記事にしました。

これからもたくさん書いていきますので、また御覧ください!

【調査】インビザライン矯正のアライナーの平均枚数

f:id:qusabi:20160314223927j:plain

インビザラインブロガーのN(@qusabi)です。

インビザライン矯正を始めたい!と思ったときに気になるのは

「一体何枚のアライナーを装着するのだろうか?」

ということではないでしょうか?

 

痛みや、不快感、不便さなどマイナス要素の情報はいろいろなブログやサイトで見ることができますし、これだけきれいに並んだ!という情報も見ることができます。

しかし、インビザライン矯正のアライナー枚数は人によって本当に様々!

20枚未満で終了するという人もいれば、60枚以上という大量のアライナーが必要な人もいます。

今回は、みんなの平均は何枚くらいなの?を調べてみました!

アライナー枚数の平均はこのくらい

1.アンケート目的

インビザライン矯正につきもののアライナー。僕は27枚で終了(予定)ですが、みなさんは何枚くらいなのかを調査し、これからインビザライン矯正を始める人の参考になる記事を作るという目的。

2.調査期間

2016年12月11日~18日

3.調査対象

Twitterユーザ

4.回収状況

投票数:49

 

ということで、インビザライン全体のユーザ数はわかりませんが、多くの方からご回答いただけました!

データとしては、そこまで正確なものにはなりませんでした(誤差範囲10%以上だと思います)。

アライナー枚数 アンケート結果

では、結果を見ていきましょう!

 ということで、僕のアンケート設定が非常に悪かったのですが、36枚以上という人が最多でした。

僕自身は27枚だったので、思ったよりも皆さんアライナー枚数が多いな。という印象です。

アライナー枚数の平均はどのくらい?

Twitterのリプライ(返信)機能を使いまして、正確な枚数も教えてもらいましたのでそちらを集計しました。

リプライを送ってくれた方は全部で14名。

その中での平均値は45.21429枚という結果になりました!

また、最も多いアライナー枚数はなんと93枚!

そして、最も少ない枚数は23枚という結果となりました。

合わせて数値の中央値は48.5枚という結果に。

中央値とは?

平均値は中間の数値を求めるのに対し、中央値はデータの中央に位置する数値。

14件のリプライの結果なので、7,8番目に多い人の値

 

ということで、皆さん結構な枚数でインビザライン矯正を行っているようです。

93枚のアライナー

最も多い93枚のアライナーでインビザライン矯正を行っている方は、途中から5日交換となるようです。

最近では、1枚のアライナーを2週間と決めずに、歯の動き方に合わせて交換サイクルを変えていくという手法を取っている歯科医院もあるようです。

そのため、93枚という大量のアライナーでも、3年半かけ矯正を行うのではなく、比較的短期間で終わるようですね。

1枚のアライナーでどのくらい動かすのか、というのは歯科医によって考え方が異なるようです。1枚のアライナーで非常に短い距離を移動させるという考え方を持っている歯科医のインビザライン矯正は「交換サイクルが短く」「アライナー枚数は多い」傾向にあるようです。

単純に枚数だけで、矯正期間を測れないというのが難しいポイントですね。

 

ワイヤーを使ったブラケット矯正も、インビザライン矯正も、そこまで矯正完了までかかる時間に差はないようなので、概ね1~3年以内に完了すると考えても良いでしょう。

インビザライン矯正は歯科医に相談を!(まとめ)

僕は丸1年で終了予定のインビザライン矯正ですが、歯並びによって矯正期間は様々ということがわかりました。

1年で終了というのは、インビザライン矯正者(インビザライナー)の中では早い方と言えそうです。

しかし、早く終わることが良いというわけではありません。

第一にしっかりとした噛み合わせになり、ついでに見た目がキレイになることを目的とした歯列矯正が多い以上、速さだけを求めるべきではありませんね。

矯正期間がたとえ短くても、終了後の歯列があまり良いものではなかった場合、歯列矯正をすべきではなかったと後悔する結果になるでしょう。

歯列矯正を始める場合は、ブログやホームページなどでの情報収集はもちろん大事ですが、しっかりと歯科医に相談することが成功の鍵となります。

きれいな歯列を目指して、ぜひ歯列矯正を!

インビザラインNo.22 ~300日目~ 噛み合わせも良くなってきた!

インビザラインブロガーのN(@qusabi)です。

北海道は札幌市はすっかりと寒くなり、ガタガタ震える毎日ですが、インビザラインもいよいよ300日目に突入しました!

ということで、いつも通り状況報告を!

 

インビザラインNo22を写真で見てみます(22/27)

f:id:qusabi:20161119150341j:plain

 

もうかなりキレイに並びました!

正面右側の2番(前歯2本の隣)の歯の形というか並び方が気になるという話を歯科医院にしたところ、「これを治すのは難しいかもね」という返答でした…。

解決方法としては、矯正終了後に歯を埋めるか削るかして整えるしかなさそうです。

 

かみ合わせはどうなった?

インビザライン矯正をはじめてすぐに感じた変化は、全く歯が噛み合わない!ということ。

どんどん色々一気に歯を動かすので当然といえば当然と言えそうですが、食事に難儀するほど噛み合わせがズレまくっていました。

 

特に奥歯。

 

両方の奥歯でしっかりと噛むことができないという状況が続いていました。

 

これまでの通院の際に、何度か

 

「噛み合わせ本当に合うんですか…?」

 

と聞き続け、そのたびに

 

「最後にはきちんと合いますよ」

 

と返答が合ったわけです。

 

ほんまいかいな…とかなり疑問に思っていたのですが、本当に合います!

じわじわではありますが、奥歯でしっかりと噛めるようになってきました。

今はNo22ですので、これから最後のアライナーであるNo27に向かって徐々に徐々にしっかりと噛み合わせが合ってくることでしょう。

 

思いもよらない変化

先日通院した際に、虫歯治療で詰めた詰め物がズレていると歯科医から指摘がありました。

確かにかなり動かしたので、ズレてしまうのも仕方ないのかもしれません。

こちらに関しては矯正終了後、改めて詰め直すそうです。

仕方ないですが、ちょっと憂鬱な気持ちなりますね…。

矯正をはじめてからはドリルの音を聞くこともなかったので…。

 

さいごに

矯正期間中は本当に色々な変化がありますね!

今現在、上の歯はパッシブアライナー(形の変わっていないアライナー)で、下の歯のみを動かしているので変化にすごく乏しいです。

そのため、日々の装着時間がどうしても短くなってしまっています。

 

しかし、アライナーの装着時間が短いと動く歯も動いてはくれません。

 

しっかりと気を引き締めて、一日22時間の装着時間を確保していきたいですね。

装着時間を確保することで、理想の歯並びに近づいていくはずです!